MEP次世代教育について

MEP次世代教育は、若者達が現代のグローバル化社会、情報化社会を勝ち抜く為、成長の早い段階で語学力や情報処理能力、国際的視野を育成することを目的として設立されました。
日本でも英語力に重点を置いたグローバル教育は広く浸透しており、既に小学校から必修科目にも入ってはいますが、残念ながら社会に出るまでにビジネスレベルの英語が身についているという方はまだ諸外国と比べて多くありません。特に中学・高校で学ぶ受験英語は文法を重視する傾向にある為、「話せる英語」とは程遠いものがあります。
語学はコミュニケーションに必要不可欠なスキルですが、世界的に英語は出来て当たり前の世の中で、英語だけ出来ても競争力を高めることは出来ません。言語としては、英語の次に注目されているのが中国語です。中国語を母語として話す人口は中国本土だけではなく、台湾、シンガポール、マレーシア他、海外にも多数いますので、英語と中国語が出来れば世界の3分の2の人と話せると言われています。
加えて、文部科学省の指針により2020年からは小学校、2021年には中学校、2022年には高校でプログラミングが必修化されますが、全国的にこの分野に長けた教員が極度に不足しているのが現状です。世界的に情報化が進む中、人口減が叫ばれる日本では特にプログラミングが「読み・書き・そろばん」と同じように誰にでも必要な能力となってきます。
そこで MEP次世代教育では、中国語(Mandarin)と英語(English)、更にプログラミング(Programing)を自然と楽しく身につけることを目標に、台湾人講師陣が熱心に指導にあたります。パソコンやプログラミングも、語学と同じようになるべく早い時期に触れることで無理なく習得出来、将来の選択肢が広がります。海外の大学に進学し、将来は世界の何処でも活躍できるグローバル人材へと成長することも十分可能です。
若者の可能性は無限大です。なるべく早くから1人1人の未知の可能性を引き出すことが出来るよう、台湾の力を借りながら、日本人に合った学習方法で効率よく指導を進めていきます。
^