プログラミング検定について

プログラミング検定概要

レベル 時間(分) 問題数 点数配分 合格点
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Scratch 90 5 15 15 20 20 30         70
Micro Bit 90 5 15 15 20 25 25         70
App Inventor 90 4 20 20 25 35           70
Python(スタンダード) 90 6 15 15 15 15 20 20       70
Python(エキスパート) 120 9 10 10 10 10 10 10 10 15 15 70

プログラミング検定の取り組み

MEP次世代教育では、(一社)日本技能検定協会と連携し、プログラミング検定を行っています。プログラミング検定は当社が提供する各プログラミングの学習者向けに作られた検定であり、試験内容は台湾とアメリカの大学教授に委託して、問題作成を行っています。試験を通じ、学習者の学習状況を評価します。特にPython検定はスタンダードレベルとエキスパートレベルの2種類の試験に分けられ、エキスパート資格を持つ場合、Python教育への従事または情報工学関連の学科へ留学を申請する際に有力な証明と見なされます。

試験内容

日本技能検定協会検定はScratch、Micro-bit、App Inventor及びPythonの検定を提供しています。各検定は台湾とアメリカの大学教授よって共同作成されたものです。特に、より多くのpython言語に精通する人材を育成し、日本の全国民にpythonを普及させることを目的としています。

試験ルール

試験は全て演習問題で、必ず制限時間内にパソコン上で正確なコードを入力しなければなりません。成績が70点以上で合格となります。合格者には協会から証書を授与します。各検定の回答時間や配点に関しては、上記の表をご参考にしてください。

試験対策に関するサポート

模擬問題や過去問題をはじめ苦手部分の克服を目指し万全な検定対策ができるよう目指しています。Python検定に興味がある場合は、最新情報にご注意ください。
 
^